ドライブレコーダー ドラドラは、用途に合わせて3つの録画モードを搭載しています。万が一の事故はもちろん、通り過ぎてしまった景色もボタンを押すだけのかんたん操作で、ドライブの思い出を動画で残すことができます。また、車内の音声も録音できるマイクを搭載しており、車内の楽しい雰囲気もそのまま動画に残せます。さらに、すべてのモードで3方向の加速度データの記録が可能。自分の運転を、加速度データをもとに見直すこともできます。

■ 手動録画
きれいな景色やおもしろい場面など、通り過ぎても逃さない
■ 自動録画
クルマの衝撃を感知して自動的に録画スタート。事故の一部始終を記録
■ 常時録画
楽しいドライブをまるごと保存

1.手動記録 きれいな景色、おもしろい場面、通り過ぎても撮り逃さない

手動録画1手動録画2手動録画3

ドライブレコーダー ドラドラなら、「あ、きれいな景色だったのに!」と思ってからでも間に合います。 赤い録画ボタンを押せば、ボタンを押す15秒前にさかのぼって記録。押した後の15秒と合わせて30秒間の動画が、スナップ感覚で誰でも簡単に録画できます。

RECボタン

操作しやすい大きめのボタン。
通り過ぎても逃しません。

 
ドラドラ RECボタン

2.自動記録 車の衝撃を感知して自動的に録画スタート、事故の一部始終を記録

あっ危ない!

ドライブレコーダー ドラドラなら、万が一の事故でも、内蔵の3軸加速度センサーが事故などの衝撃を感知して、自動的に録画スタート。衝撃を受ける15秒前から衝撃後15秒の合計30秒間を記録します。

事故の状況をあとから思い出すのはとても困難なこと。たとえば信号の色でも、赤だったか青だったか記憶が曖昧なことが少なくありません。ドライブレコーダー ドラドラは信号の色も判別しやすく、夜にも強いカメラで事故の状況をしっかりと記録できます。事故の状況が映像に残せるので、事故後の処理がスムーズに行えることがあります。

自動録画のしくみ(手動録画の場合も同様) 自動録画のしくみ(手動録画の場合も同様)

ドライブレコーダー ドラドラは、事故の衝撃によって、電源が切れても、それまで記録した映像が保存できるように、バックアップ電源を内蔵、電源切断時までの映像を本体内部メモリに残せるようにしました。本体内部メモリに記録された映像は、後から、転送機能によりSDカードに取り出すことができます。

バックアップ電源による転送機能 バックアップ電源による転送機能
  •  電源切断時の映像をすべて残せるわけではありません。
  •  設定により、「自動録画」を作動させていない場合、記録データは本体内部メモリに保存されないため、転送機能は利用できません。

3.常時記録 楽しいドライブをまるごと保存

ドライブレコーダー ドラドラは、常に動画を撮影しつづける常時録画機能も搭載。本体側面の[MOVIE]ボタンを押して、再度ボタンを押すまでの間の映像をSDカードに記録し続けます。エンジンを始動させれば、常に録画する状態にも設定できます。

ドライブ旅行を録画して楽しんだり、アイディア次第で長時間録画の機能を活かした、様々な使い方ができます。

活用例
  • 自分自身の運転を見直す
  • おすすめスポットの紹介
  • ドラドラで撮影した動画で目的地まで案内
  • 自動車教習所での実技教習用
  • トラック・タクシー等の業務車両の画像記録用
  • 酷道(極端な狭路など、車が走りづらい道の通称)の撮影
  • ※ エンジン始動で常時録画を自動でスタートさせる機能は、シリアルナンバーがJ0014001からの製品となります。それ以前のナンバーの製品は、ファームウェアの更新で利用可能となります。
  • ※ 映像は約30秒間のファイルに分割。付属のSDカード(4GB)で約50分録画できます。
ドラドラ MOVIEボタン

MOVIEボタン

MOVIEボタンを押せば、付属のSDカードで最大150分間の録画が可能
ボタンをおさなくても、エンジンを始動すれば常に常時録画状態にする設定も可能です。

 

サンプル動画

ドライブレコーダー ドラドラで記録した映像をサンプル動画としてご覧いただけます。「映像を見る」をクリックすると、別ウィンドウが立ち上がり、映像が再生されます。ドラドラで記録された映像はすべてMPEG-4(拡張子が.mp4)の動画ファイルとして保存されますが、下記のサンプル映像はAVIファイルに変換しています。

● 動作条件についてのご注意 ●

記録データの確認は、画面解像度1024×768ピクセル以上のパソコンが必要です。(テレビでの使用はできません。)

ご購入はこちらから
dd01ドラドラ