詳細スペック

万一の時も衝撃検知でイベント録画するから安心。
映像データは1980×1080ピクセルの高画質フルハイビジョン。
オプションのリアカメラを接続することで、後方の状況等、2種類の映像を同時に記録できます

本体取り付け手順

ドラドラ6では、フルハイビジョン画質に対応。ドラドラHDよりもさらにナンバープレートまでしっかり確認できるようになりました。万一の事故のときも安心です。
ドラドラシリーズならではの自然な色合いと高画質フルHDの迫力ある映像で、ドライブの思い出づくりがさらに楽しくなります。

比較画像

常時イベントの2モード録画

ドラドラ6では、常時記録をベースにした仕組みを採用。付属の16GBマイクロSDカードで、約100分間のフルHD映像を記録します。また、衝撃検知時は、常時記録とは別に自動でイベント録画フォルダに映像を保存します。

衝突
解像度・常時録画・イベント録画

リアカメラにも対応

ドラドラ6では、お客様からご要望の多かったリアカメラにも対応しました。車両後部にオプションのリアカメラを設置、本体にケーブルを接続するだけで、後方の映像を撮影できます。

※リアカメラ本体及び接続ケーブルは別売です。
※リアカメラの映像はVGA画質(640x480ピクセル)です。


バックアップ電源搭載

突然の電源供給停止に対応するためのバックアップ電源を搭載しています。事故などの衝撃で電源ケーブルが抜けて電源供給が途絶しても、すぐにシャットダウンせず、記録中の映像保存が完了するまで、内蔵のリチウムポリマー電池により作動を継続します。これにより、電源が遮断されても、直前までの映像を記録として残すことが可能です(※)。

※ 電源遮断のタイミングによっては、内蔵メモリからSDカードへの映像のコピーが間に合わない場合があります。その場合は、ダウンロード機能を利用することで、SDカードへ映像ファイルとして取り出すことが可能です。

このページのトップへ戻る