実践しよう!エコドライブ
 
 
 
 
第1話 計画的なドライブで環境に配慮しよう!
 
第2話 迷惑駐車・違法駐車がCO2排出量を増加させます
 
第3話 不用な荷物を降ろすことも、エコドライブにつながります。
 
第4話 レッツ、アイドリングストップ!
 
第5話 エアコンの設定温度は控えめに
 
第6話 エコドライブを実現する日常点検1
 
第7話 エコドライブを実現する日常点検2
 
第8話 エンジンブレーキを使おう!
 
第9話 暖機運転は控えめに
 
第10話 雪道のエコ&セーフティードライブ
 
第11話 車間距離は余裕をもって
 
第12話 エコドライブを心がけましょう
 
 
 
oasis 情報提供:
(社)日本自動車整備振興会連合会
 
てんけんくん ぼくは、「てんけんくん」。「環境にやさしいドライブ」をテーマにした連載第4回です。世界的にCO2(二酸化炭素)の排出量が注目される中、ドライバー一人ひとりがちょっと心がけるだけで、地球環境を守ることができ、セーフティードライブにもつながると思います。そこで地球にやさしく、快適なドライブを実践するためのポイントをご紹介していきます。
さぁ、あなたも今日から実践しよう!
 
第4話 レッツ、アイドリングストップ!
 
眩しい太陽が夏の到来を感じさせます。遠出の機会が多くなる季節だからこそ、燃料節約=環境のことも考える、そんなエコドライバーでありたいですね。
そこで、今回のお話はアイドリングストップです。
環境を守り、自動車の燃料消費量を削減する有効な手段の一つとして推進されているアイドリングストップ。最近、路線バス等では、わずか数十秒の信号待ちでも徹底されていますよね。
 
乗用車でも約90%を占めているAT車のアイドリングストップも推進されています。ちなみに、2000ccの乗用車の場合、ニュートラル&エアコンOFFのアイドリング状態で、10分間に140ccもの燃料を消費する結果が出ています。1日10分のアイドリングで、なんと年間51リットルもの消費となります。
アイドリングストップの実践は、自動車の便利さはそのままに、無駄な燃料消費量を削減できる大きなエコドライブ手段です。待ち合わせや、荷物の積み下ろしのための駐停車、駐車場の出口での精算、携帯電話を使用するために駐停車する際など、できるだけエンジンを切り、アイドリングを止めましょう。
 
 
駐停車時以外のアイドリングストップでは十分注意してください。
エンジンを切った状態ではブレーキの効きが弱いため、坂道でのアイドリングストップはやめ、平坦な道でもサイドブレーキをかけましょう。
いつも走行している見通しの良い場所での信号待ちや、降りている時間の長い踏み切りなど、少しずつ習慣化しましょう。
バッテリー上がりによりエンジンが再始動しない場合があります。
頻繁に行うとスターター、バッテリー等部品の寿命が短くなります。
カーナビ等、電子機器の始動には数秒かかります。
 
【アイドリングストップ時の操作】
 
シフトレバーはN(ニュートラル)かP(パーキング)の位置にしましょう。
 
シフトレバーはN(ニュートラル)かP(パーキング)の位置にしましょう。
 
エンジンキーをOFFにすると方向指示器、ワイパー、エアバッグなどが機能しないことがあります。いったんOFFにしたあと、ON(メーカーによってはACCでも可)に戻し、サイドブレーキもかけましょう。
 
エンジンキーをOFFにすると方向指示器、ワイパー、エアバッグなどが機能しないことがあります。いったんOFFにしたあと、ON(メーカーによってはACCでも可)に戻し、サイドブレーキもかけましょう。
 
参考HP:財団法人省エネルギーセンター http://www.eccj.or.jp/idstop/say/06/index.html
 
 
Copyright(C) 2008 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.