実践しよう!エコドライブ
 
 
 
 
第1話 計画的なドライブで環境に配慮しよう!
 
第2話 迷惑駐車・違法駐車がCO2排出量を増加させます
 
第3話 不用な荷物を降ろすことも、エコドライブにつながります。
 
第4話 レッツ、アイドリングストップ!
 
第5話 エアコンの設定温度は控えめに
 
第6話 エコドライブを実現する日常点検1
 
第7話 エコドライブを実現する日常点検2
 
第8話 エンジンブレーキを使おう!
 
第9話 暖機運転は控えめに
 
第10話 雪道のエコ&セーフティードライブ
 
第11話 車間距離は余裕をもって
 
第12話 エコドライブを心がけましょう
 
 
 
oasis 情報提供:
(社)日本自動車整備振興会連合会
 
てんけんくん ぼくは、「てんけんくん」。世界的にCO2(二酸化炭素)の排出量が注目されています。ドライバー一人ひとりがちょっと心がけるだけで、地球環境を守ることができ、セーフティードライブにもつながると思います。そこでこの連載では「環境にやさしいドライブ」をテーマに、毎回地球にやさしく、快適なドライブを実践するためのポイントをご紹介しています。第8回はエコドライブのために、エンジンブレーキを上手に利用しようというお話。さぁ、あなたも今日から実践しよう!
 
第8話 エンジンブレーキを使おう!
 

紅葉を眺めながらのんびりとドライブが楽しめる季節です。今回は、山あいのドライブテクニックとして、エコドライブにもつながるエンジンブレーキの上手な使い方を紹介します。

長い下り坂でフットブレーキを多用すると、ブレーキが加熱して利かなくなり、危険な状況になってしまいます。そこでエンジンブレーキの出番です。A/T車に乗っている方なら、急な下り坂ではシフトレバーを゛D゛から゛2゛または゛L゛に変えて減速し、積極的にエンジンブレーキを活用しましょう。これもセーフティー&エコに繋がる有効なテクニックのひとつです。

  紅葉の坂道
 
最近では、エンジンブレーキをかけているとき、無駄な燃料をカットするという機能をもっているクルマもあります。下り坂などでエンジンブレーキをかけると、設定されたエンジン回転数(通常1500rpm前後)以上の走行から、燃料の供給がカットされるようにプログラムされています。急な下り坂で、シフトダウンして強いエンジンブレーキを使っているときには、エンジンの回転が高くなりますが、このとき、いくらエンジン回転数が高くても燃料は使われていません。
 
長い下り坂では、エンジンブレーキとフットブレーキを効果的に使い分けましょう。
 
長い下り坂では、エンジンブレーキとフットブレーキを効果的に使い分けましょう。
 

下り坂だけでなく、通常のドライブでもアクセルオフでエンジンブレーキを上手に利用して、燃料消費を減らし、エコドライブにつなげましょう。
より安全にエンジンブレーキを活用するためにも、車間距離を十分にとってマイペースのドライブを!


 
 
Copyright(C) 2008 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.