実践しよう!エコドライブ
 
 
 
 
第1話 計画的なドライブで環境に配慮しよう!
 
第2話 迷惑駐車・違法駐車がCO2排出量を増加させます
 
第3話 不用な荷物を降ろすことも、エコドライブにつながります。
 
第4話 レッツ、アイドリングストップ!
 
第5話 エアコンの設定温度は控えめに
 
第6話 エコドライブを実現する日常点検1
 
第7話 エコドライブを実現する日常点検2
 
第8話 エンジンブレーキを使おう!
 
第9話 暖機運転は控えめに
 
第10話 雪道のエコ&セーフティードライブ
 
第11話 車間距離は余裕をもって
 
第12話 エコドライブを心がけましょう
 
 
 
oasis 情報提供:
(社)日本自動車整備振興会連合会
 
てんけんくん ぼくは、「てんけんくん」。世界的にCO2(二酸化炭素)の排出量が注目されています。ドライバー一人ひとりがちょっと心がけるだけで、地球環境を守ることができ、セーフティードライブにもつながると思います。そこでこの連載では「環境にやさしいドライブ」をテーマに、毎回地球にやさしく、快適なドライブを実践するためのポイントをご紹介しています。第10回は、雪道に関するエコドライブ、セーフティードライブの話です。さぁ、あなたも今日から実践しよう!
 
第10話 雪道のエコ&セーフティードライブ
 

各地から初雪のニュースが届くようになりました。本格的な冬を迎え、ドライバーにとって気になるのが雪道や凍結路でのドライブです。
雪道走行は、たとえば「急」のつく運転をしないなどエコドライブと共通するポイントが多くあります。

雪道や凍結路での走行には、無理な運転は禁物です。“急発進”“急ハンドル”“急ブレーキ”、そして“スピードの出し過ぎ”は、思わぬスリップ事故の原因となります。スリップ事故を防ぐには、まずタイヤをしっかりとチェックすることから。磨耗やキズのチェックといった日常の点検はもちろんのこと、スタッドレスタイヤやチェーンなどを装備することが安全運転のポイントになります。
走り始めは、アクセルをじんわりソフトに操作し、ゆったりとした発進を意識してください。一気にペダルを踏み込むと空転したタイヤが横滑りしやすく、危険なだけでなく、無駄なガソリンを消費することになります。特に上り坂では平坦な道路以上にタイヤが空転しやすいため、とくに注意が必要です。

 
積雪路では踏み固められた箇所や柔らかな箇所など路面状況が大きく異なることがあり、クルマの挙動も不安定になりがち。ゆっくりと走行するようにしましょう。
 
積雪路では踏み固められた箇所や柔らかな箇所など路面状況が大きく異なることがあり、クルマの挙動も不安定になりがち。ゆっくりと走行するようにしましょう。
 

また、雪道では、路面の状況は圧雪、アイスバーン、シャーベッドなど、路面の状況は刻々と変化します。ブレーキに関しては、最近ABS(アンチロック・ブレーキ・システム )搭載の車種が増えていますが、自動車の性能を過信せず、予想以上に路面が滑ることを考慮して、早めのブレーキ、十分な車間距離を保つようにしましょう。車間距離を十分にとることで、路面の状況を把握することができ、次の対応に時間的な余裕が生まれます。

冬のドライブは「エコ&セーフティー」をふだん以上に心がけることがポイントです。事故に十分気をつけ、地球に優しいエコドライブを実践して、安全で快適なドライブをしましょう。


 
 
Copyright(C) 2008 JAFMATE Co. Ltd. All rights reserved.