クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回
BackNumber
第1回 燃料を計算してみよう!
第2回 エコカーで税金が安くなる。
第3回 クルマを持たないカーシェアリング。
第4回 エアコンの使用を控える「エコな暑さ対策」
第5回 日常点検によるエコ1「エンジン・オイルの量、よごれをチェックしよう!」
第6回 日常点検によるエコ2「点検の基本、タイヤをチェックしよう!」
第7回 日常点検によるエコ3「運転席に座ったらここをチェック!」
第8回 いまさら聞けない?エコドライブのコツ!
第9回 定期点検はエコロジー
第10回 リサイクルパーツでエコロジー
第11回 自動車リサイクル法で環境に貢献
第12回 地球環境のことを考えて上手にクルマを利用しよう
クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回
oasis 情報提供:
(社)日本自動車整備振興会連合会
第4回エアコンの使用を控える「エコな暑さ対策」
ライン

夏になるとTVで「エアコンの温度設定に注意しましょう」というCMが流れますが、これはカーエアコンでも同じこと。カーエアコンの使用は燃費に影響がでてしまいます。着用する衣服はもちろん、細かい温度調整をはじめとした、ちょっとした工夫でエコロジーを心がけましょう。

見出し 1.エアコンは効率よく

まずは、車内の温度がなるべく上がらないように工夫することがポイントです。屋外に駐車している場合、直射日光をカットしてくれるサンシェードを使うと車内の温度上昇を抑えることができます。さらにエアコンをオンにする前に窓を開けて換気すれば、車内の熱気が逃げて結果的にエアコンの設定温度を高めにして使用でき、エネルギーの節約・燃費の向上になります。真夏に冬服のカーディガンを着るほど冷やし過ぎるのはもってのほか。また、設定温度は下げ過ぎないように注意しましょう。

なるべく着るもので温度調節をするという工夫も効果的です。運転前には必ず設定温度をチェックし、気象条件に応じてこまめに温度・風量の調整を行いましょう。

見出し 2.必要ないときはなるべくオフに

最近は温度調節を自動的に行うオートエアコンが標準装備されたクルマが増え、1年中エアコンのスイッチを入れたままにしているケースも多いようですが、必要がない時にはオフにしましょう。外気温25℃の時に、エアコンの室内設定温度を24℃で使用すると、使用しない時に比べて燃料消費は14%程度増加します。※

見出し 3.「内気循環」「外気導入」の切り替えも適切に

外気温や車内の状態をよく把握して、外気をうまく取り入れる工夫をするなど、空気の管理も適切に行いましょう。
そこでポイントになるのが、「内気循環」と「外気導入」の切り替え。エアコンを効かせたいときは「内気循環」にし、車内が涼しくなったら「外気導入」に切り替えることで、燃料消費を抑えることができます。

エアコンの使い方一つで燃費の悪化を防ぐことができれば、CO2排出量の低減にも役立ちます。
こまめなエアコンの操作で適切な車内温度と環境保護を心がけましょう。

※実験室における設定結果:2500ccミニバン。
(財団法人省エネルギーセンターのHPよりhttp://www.eccj.or.jp/drive/06/09.html

エコのコエ エコにまつわるトピックス

◆◇ 太陽が地球を救う?太陽光発電 ◇◆
もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できたら、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間でまかなえるといわれているほど、巨大なエネルギー「太陽光」。
屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくるのが太陽光発電です。発電時にはCO2をまったく排出しないため、環境にやさしい新エネルギーとして注目されています。
太陽光発電でつくった電気は家庭で使用し、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれる、経済的にも嬉しいシステムもあります。設置の時には、国や自治体から補助金が出る制度もあります。

※詳しくは
太陽光発電協会:http://www.jpea.gr.jp/index.html

 

Copyright(c)2009JAFMATE Co.Ltd.All rights reserved.