クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回
BackNumber
第1回 燃料を計算してみよう!
第2回 エコカーで税金が安くなる。
第3回 クルマを持たないカーシェアリング。
第4回 エアコンの使用を控える「エコな暑さ対策」
第5回 日常点検によるエコ1「エンジン・オイルの量、よごれをチェックしよう!」
第6回 日常点検によるエコ2「点検の基本、タイヤをチェックしよう!」
第7回 日常点検によるエコ3「運転席に座ったらここをチェック!」
第8回 いまさら聞けない?エコドライブのコツ!
第9回 定期点検はエコロジー
第10回 リサイクルパーツでエコロジー
第11回 自動車リサイクル法で環境に貢献
第12回 地球環境のことを考えて上手にクルマを利用しよう
クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回 クルマ生活エコロジー講座全12回
oasis 情報提供:
(社)日本自動車整備振興会連合会
第10回 リサイクルパーツでエコロジー
ライン

私たちの暮らしの中で発生するゴミは、どうしたら減らすことができるのでしょうか。
その答えのひとつがリサイクルです。リサイクル率という言葉がありますが、リサイクルされる割合が高ければそれだけゴミが少なくなるといえます。
クルマは、鉄やアルミ等の金属が多く使われていたり、リサイクルパーツとして利用されたりしているため、リサイクル率は約90%です。

見出し 1.自動車リサイクル法で環境に貢献

私たちがリサイクルに出すスチール缶のリサイクル率が88.5%、アルミ缶が87.3%、ペットボトルが84.7%ですから、クルマのリサイクル率はかなり高率といえます。
実は、以前約80%だったリサイクル率がアップしたのです。その理由は、2005年1月から施行された自動車リサイクル法です。自動車リサイクル法では、自動車メーカーなどにリサイクルが義務づけられる一方で、その費用はクルマを買うときにリサイクル料金として所有者が負担します。そのため、リサイクルできる資源を増やせるようになったのです。
私たちドライバーは、リサイクル料金を負担することで使用済み自動車がカタチを変えて再び活躍する場所を作っているのです。

見出し 2.リサイクルパーツを利用しよう

クルマには、リサイクルパーツとして利用できる部品も数多くあります。ドア、バンパー、ランプ類から、シートやエンジンまで、利用できないものはないというくらい。こうした部品も使用済み自動車から生まれてきます。リサイクルパーツの利用は、廃棄物を減らせるばかりではなく、省エネやCO2 (二酸化炭素) 排出量の削減にもつながります。
たとえば、右のフロントドアを交換する場合、新品とリサイクル部品でCO2 (二酸化炭素) 排出量を比較すると、リサイクルパーツの使用によりCO2 排出量を2リットルのペットボトル換算で25,297本減らすことができます。

リサイクルパーツを利用しよう
リサイクル部品を上手に利用して、未来の地球環境保護への貢献につなげましょう。
(右フロントドアCO2 排出量99.4kg(1kg=509リットル換算で505,946リットル)、505,946リットル÷2リットル=25,297.3本)

自動車のリサイクルのことは、(財)自動車リサイクル促進センターのホームページで
http://www.jarc.or.jp/

リサイクルパーツのことは、NGP日本自動車リサイクル事業協同組合のホームページで
http://www.ngp.gr.jp/
※パーツ別CO2 (二酸化炭素) 排出削減量は http://www.ngp.gr.jp/recycle/co2/
(ここでは杉の木の本数で表しています)

(リサイクル率:財団法人自動車リサイクル促進センター、スチール缶リサイクル協会、アルミ缶リサイクル協会、PETボトルリサイクル推進協議会調べ)

エコのコエ エコにまつわるトピックス

◆◇ 冬を暖かく…床にマット、運動で血行促進、食物でぽかぽか ◇◆

本格的な寒さはこれからです。冬をエコに暖かく過ごす工夫をご紹介しましょう。
部屋の気温が高いのに足元だけ寒いということ、ありますよね。それは床下からの冷気が原因。マットを敷くだけでかなりの冷気を防ぐことができます。また、日が暮れる前にカーテンや雨戸を閉めるのも部屋の温度を保つのに効果があります。
軽い運動もぜひ試したい方法。たとえば、足が冷えるという人は、足首を屈伸すると血行がよくなり温かくなります。運動はストレス解消にも効果があるのでぜひ定期的に取り入れたいものです。
大根、白菜、カブなどの冬野菜は、身体を温める働きがあるといわれています。野菜タップリの鍋料理は、部屋の乾燥予防にもなるなかなかの優れもの。みんなで食べれば心まで温かくなりそうです。
暖房の設定温度は控えめに、エコを実行しながら元気に冬を過ごしましょう。

 

Copyright(c)2009JAFMATE Co.Ltd.All rights reserved.