月刊「JAF Mate」にて好評連載中の「認知症は怖くない」が待望の単行本化!

鳥取大学医学部教授で、日本認知症予防学会理事長も務める「認知症」の第一人者、浦上克哉先生が、本誌連載をもとに、より詳細に書き下ろしたのが本書『認知症は怖くない 18のワケ』です。

認知症の初期段階は、病気とは思えないほど穏やかな症状です。誤解されがちな認知症について、基礎知識から予防・治療・ケアまで、これ1冊で分かります!

▼ 本書に収録された“認知症は怖くない 18のワケ”

1.早めに気づけば治す方法もある

2.早く受診すれば進行を抑えられる

3.簡単に検査できる方法もある

4.高齢者10人に1人のありふれた病気

5.すぐには深刻な症状にならない

6.原因がわかれば治療法が見つかる

7.「治る認知症」は完治の可能性もある

8.アルツハイマー型には新しい薬も登場

9.原因に合わせた予防方法がある

10.脳の活性化で予防や初期症状の改善も

11.生活習慣の見直しで防げる

12.予防につながるアロマやコーヒーがある

13.思いやりで困った症状を緩和できる

14.悪化を防ぐ安心ケアの方法がある

15.適切な対応を心がければ改善も

16.在宅介護でも進行を抑えられる

17.運転の変化で認知症が発見できる

18.教習所で認知機能をチェックできる

「認知症は怖くない 18のワケ」のご購入はこちらから 「認知症は怖くない 18のワケ」のご購入はこちらから

Copyright © JAF Media Works Co. Ltd. All rights reserved.