てんけんくん
クルマのまわりを回って「点検」

ここでのポイントは、タイヤの空気圧。特に、指定空気圧より低い場合は燃費が悪くなるだけでなく、高速走行時にタイヤが破裂してしまう危険性もあります。
タイヤの空気は放っておいても時間がたつと少しずつ抜けていきます。空気圧のチェックはドライブの前、タイヤが冷めているうちに行いましょう。もちろん、タイヤの亀裂や損傷、異常な摩耗、スリップ・サインでチェックできる溝の深さなども併せてチェックしましょう。

番号をクリックすると詳しい点検内容が見られます。 【Check6】タイヤの空気圧のチェック 【Check7】タイヤの亀裂、損傷および異常な摩耗 【Check8】タイヤの溝の深さ 【Check9】ランプ類の点灯、点滅およびレンズの汚れ、損傷