てんけんくん
運転席に座って「点検」

運転席に座ったら、始動時やアイドリング時に異音が発生しないかを確認します。
さらに、警告ランプの点灯は見逃してはなりません。シグナルが出たらもちろん、違和感を覚えたら、すぐに、整備工場などで点検してもらいましょう。整備不良は自分のクルマだけでなく、周りのクルマや環境にも影響を与えてしまうということを忘れずにきちんとチェックを実施してください。
安全走行するうえでも非常に大切な日常点検を積極的に行いましょう。

番号をクリックすると詳しい点検内容が見られます。 【Check10】ブレーキ・ペダルの踏みしろおよびブレーキのきき 【Check 11】パーキング・ブレーキ・レバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ) 【Check12】ウインド・ウォッシャの噴射状態のチェック 【Check13】ワイパの拭き取り状態 【Check14】エンジンのかかり具合および異音 【Check15】エンジンの低速および加速の状態