てんけんくん
エンジン・ルームをのぞいて「点検」

いくら丁寧な省エネ運転を心がけていても、クルマの具合が万全でなければエコドライブは期待できません。燃費向上を第一に考えた場合、高い効果が期待できるのはエンジン・オイルの交換です。エンジン・オイルは使っていくうちに劣化し、性能が低下します。そのまま走り続けると、エンジン内部の摩擦抵抗が上昇してパワーロスが多くなり、最終的にはエンジントラブルの原因となるため、定期的なチェックと交換が必要です。
そのほか、「冷却水やバッテリなどの液量は規定範囲内か」「ベルトやホースなどゴム類の劣化はないか」といった点も併せてチェックしましょう。

番号をクリックすると詳しい点検内容が見られます。 【Check1】ウインド・ウォッシャ液の量 【Check2】ブレーキ液の量 【Check3】バッテリ液の量 【Check4】冷却水の量 【Check5】エンジン・オイルの量